「犬の非炎症性脱毛の2例」

動物損保会社の統計によると、動物病院に来院する病因の第1位は皮膚疾患だそうです。

1アニコム

日頃の診療でも、皮膚の悩みは本当に多く、長年悩んでいらっしゃるオーナーさんからも頻繁に相談を受けます。

痒み、フケ、脱毛、腫瘍など皮膚病と言っても範囲が広いのですが
今回発表のテーマは、これといって原因が見当たらないけど、ごっそり毛が無い、、、、、(非炎症性脱毛)という子達の例です。

11治療前

ゴールデンレトリバー  3歳 去勢オス

3脱毛2

ミックス犬   7歳  去勢オス

 

犬の非炎症性脱毛の原因には、ホルモンの失調、季節性、遺伝性などが知られています。

4脱毛原因

検査をしても原因がわからない、どんどん脱毛範囲が広がっていく
オーナーさんはとても不安に感じるし、美容上の問題だけとは言えない内科的な問題が潜んでいるのでは?
といろいろ検査を受けられても、はっきりとした検査上の異常が出てこない例も多いようです。

 

血液検査やアレルギー検査 ホルモン数値の測定など、検査を進めていきますが、伝統医学的には、「毛」は大腸と「肝」が大きく影響を及ぼしていると考えられています。

 

今回の2例はいずれの検査数値にも異常がなく、半年以上治らずにどんどん脱毛範囲が広がってきたということで、オーナーさんの希望で治療開始しました。

「隠れ便秘」

毛にトラブルを抱える子に多く見られる
のが「隠れ便秘」
毎日規則正く出ているのに、レントゲンを撮ると
たくさんのウンチとガス、、、

5レントゲン

この状態を放置したままだと、いくら発毛の成分を補っても
吸収が悪く、治療も思うように進みません。

(毛の量や艶などでお悩みのオーナーさまへは、腹部レントゲン検査をおすすめしています。異常が見られた時は、食べ物、漢方薬などで先ず腸のお掃除に取り掛かります!)

「皮膚、結膜の充血」

次に注目したのが、体のあちこちに赤黒く充血している所や、薬を使っても残ってしまう結膜の充血箇所があることです。

6目充血

8鼠径発赤-2

皮膚の表面にはたくさんの血管が通っていますが、その血管の透過性が狂ってしまうと、皮膚が血行不良となり
毛を保っていることができなくなってしまいます。

 

編熱」

また「編熱」も、厄介な皮膚のトラブルの原因の一つです。

オーナーさんから

* 手足をよく舐める
* 体の表面は冷たいのに、すぐにハーハーと息が荒くなる
* 歯茎が赤い
* 耳が冷たい・耳が熱い
などの症状を聞いた場合、「編熱」を疑います。

治療の流れ」

今回の2例で行ったことは

腸を整え(漢方薬)
血管の透過性を正常にし(ボートルケール)
編熱を解消(VAゲッツ)
循環を良くする(Pリキッド)
肝の鬱滞と熱をとる(アミックス)

 

これらを証に合わせて組み合わせ、良いバランスに持って行ったところ
約2ヶ月〜3ヶ月で脱毛部位にはこんなに毛が生えてきました。

11治療前

治療前

12治療後

治療後

13治療前

 

治療前

 

14治療後

治療後

 

毛質もしなやかに、充血気味だった結膜もすっきりしました。

 

 

 

 

6目充血

 

 

 

 

 

16目治療後

眼の充血がとれるのと同時に、頻繁に舐めていた手も舐めなくなったそうです。

また、気になる隠れ便秘も解消し、すごく過敏な性格も落ち着いたとオーナーさんは話してくださいました。

 

体質を知り、傾いているバランスを戻してあげるのは、オーナーさんと情報をしっかりやりとりすることがベースになることを再認識した症例でした。

抗生物質、かゆみ止め、抗ヒスタミン剤など使わずに約2ヶ月〜3ヶ月で脱毛治療は終了しました。

 

今後は、皮膚疾患と血管透過性、腸、編熱の関係について研究を重ねていきたいと思います。

発毛は研究テーマとして二重丸で取り組んでいきたいので
お悩みの方は一緒に体調管理に取り組んでみませんか?

(治療経過、検査データなど持参いただくとスムーズです)

日仏会館の近くで見つけました、、、。

先日参加した日仏獣医学会は、恵比寿駅からも近い日仏会館で例会を持っています。

40分ほど早めに着いたので、周辺を散策しました。

黄色花がフサフサと揺れていたミモザ
ミモザ
化粧品やシャンプーなどに良く使われていますが、私の身の周りでは
あまり見かけません。
ミモザサラダはこの花を似せて作っているそうです。
フランスでは本当に良く使われる定番ハーブです。

日仏会館向かいのギヤマンでは
生葉が珍しい「ベルベーヌティー」を試してみました。
 ベルベーヌ

日本名「香木水」と言われる通り、レモンの香りのする
スッキリ系の味がしました。
生葉を使っているせいか、飲んだ後、シャキッとした気分は予想を超えて
キレが良かったように感じました。

たけのこの形をしたモンブラン
3231
栗の味が濃厚で、ベルベーヌとの相性もとても良かったです。

栗はフランスでは渋皮をそのまま取り除かずに使うことが多いようですが
渋皮の中にはポリフェノール類が多く含まれています。
今回頂いたモンブランも、渋皮が少し含まれて
苦味もほんのり感じる絶妙なバランスは、大人の味がしました。
私も何度か渋皮を使ってみようと試していますが
甘さと渋さのバランスにはいつも苦労します。

立ち上がろうとふと外を見ると、保育園の子供達がお散歩に出かける準備していました。
幼稚園
中に日本人?と思われる子供が一人だけいましたが、
一緒に手を繋ぐと、バラバラになるのを防いでいる
電車のつり革のような便利グッズに関心してしまいました。

ほんの少しの時間でしたが、とても楽しいひと時でした。

もう少し時間に余裕があると、もっとたくさん情報が収集できるのにと
後ろ髪引かれるおもいで、向かいの日仏会館に向かいました。

時間工夫して、今度はゆっくり来たいです。

カレンダー

3月 2015
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

博美’S カテゴリー

月別アーカイブ