公開質問〜食事と毛質・コラーゲン〜

手作り食を実践しているオーナー様とのメール相談を
公開いたします。スクリーンショット 2016-03-27 21.55.36

〜写真は質問のオーナー様の手作り食です。〜
(オーナー様からは公開の了解をいただいております。)

実は先日、フードのテストを何種類か
した中の1つがうちの子.に合わなかったようで
毛が痩せてしまったんです‥

皮毛は予想以上に、食事の影響が直ぐに現れると私も常々感じています。

  来月マッチショーなのに
  そんな時にも効果ありますでしょうか?

毛がしっかりするには、皮膚がしっかりすることが必要です。
血管(コラーゲンの通り道)と血行(交通渋滞の解消)を改善して
土台を作ってからコラーゲンを注ぐと完璧です。

毛が細くなってきたは、血管が弱ってきているかもしれません。
血管が弱っていると、コラーゲンを沢山入れても、スムーズに運ばれていきません。
一方、コラーゲンをしっかりと皮膚に定着させるためには、ケルセチンなどのポリフェノールも必要です。
ショーの直前であれば、使用して実績がある組み合わせを紹介します。
Pリキッド(血行を助ける)➕ボートルケール(ケルセチン入り血管のためのサプリ)を、

Processed with PICSPLAY

Pリキッド

 

Processed with PICSPLAY

コラーゲン沢山入れるまえの準備に使ってみることです。

単独でコラーゲン入れるよりも
スムーズに組織へ運ぶための血管と血行が確保することで

差がはっきりすると思います。

スクリーンショット 2016-03-27 22.11.48

学会発表スライドより引用

2015年 内科アカデミー

トリミングで言われたので
1ヶ月で毛が痩せたのはフードが
原因かと思うのですが
血管を強くする方法があれば
知りたいです。

血管は、

弾力性

柔軟性があり
内腔にアテロームなどの沈着がなく、

内皮細胞に傷がない状態が理想です。

血管の若返り成分の代表的なのは玉ねぎに含まれるポリフェノールなどで、残念なことに犬には使えないものも含まれてます。
効能だけを読んで与えるのは注意が必要です。

私が血管強化のために使っているのは、

被毛の治療にも使っている、

ボートル・ケールとPリキッドという製品です。

非炎症性脱毛症例の治療などで学会で症例発表しています。
毛が生えるのと同時に、目の結膜の充血も解消している

スクリーンショット 2016-03-27 22.05.46

ことからも、毛量と血管の関係が証明されている内容です。

スクリーンショット 2016-03-27 22.05.33

もし必要でしたら、データをお送りします。

耳にニキビみたいなのも出来て
トリミング帰りに手作り食材を買い
直ぐに手作りに戻したら5日くらいで
ニキビは消えました

ニキビは肝の力と瘀血、体の熱 に関係が深いです。
耳の血管は末端で滞りやすい箇所でもあるので、

それらの対策も併用してあげると良いと思います。

手作りで「肝を補う」方法もあります。
参加申し込みいただいている、薬膳講習会の今回のテーマがタイムリーにも肝の養生なので、是非応用して、感想を聞かせていただくと嬉しいです。

 

今までこんな経験無かったので
改めて食べ物の怖さを実感しました。

 

今までは体にも余力がある年齢だったと思いますが、人間と同じように犬も内臓代謝力が落ちてきます。

年齢に合わせた食事が必要と私も感じます。
その子に合った食材やフード選びは
大切ですね

本当にそう思います。その子の年齢、体質、運動量、全て同じ子はいないので、オーダーメイド養生が理想と思います。

愛犬の一番のホームドクターはオーナー様と日々の診療を通じて感じています。