日仏会館の近くで見つけました、、、。

先日参加した日仏獣医学会は、恵比寿駅からも近い日仏会館で例会を持っています。

40分ほど早めに着いたので、周辺を散策しました。

黄色花がフサフサと揺れていたミモザ
ミモザ
化粧品やシャンプーなどに良く使われていますが、私の身の周りでは
あまり見かけません。
ミモザサラダはこの花を似せて作っているそうです。
フランスでは本当に良く使われる定番ハーブです。

日仏会館向かいのギヤマンでは
生葉が珍しい「ベルベーヌティー」を試してみました。
 ベルベーヌ

日本名「香木水」と言われる通り、レモンの香りのする
スッキリ系の味がしました。
生葉を使っているせいか、飲んだ後、シャキッとした気分は予想を超えて
キレが良かったように感じました。

たけのこの形をしたモンブラン
3231
栗の味が濃厚で、ベルベーヌとの相性もとても良かったです。

栗はフランスでは渋皮をそのまま取り除かずに使うことが多いようですが
渋皮の中にはポリフェノール類が多く含まれています。
今回頂いたモンブランも、渋皮が少し含まれて
苦味もほんのり感じる絶妙なバランスは、大人の味がしました。
私も何度か渋皮を使ってみようと試していますが
甘さと渋さのバランスにはいつも苦労します。

立ち上がろうとふと外を見ると、保育園の子供達がお散歩に出かける準備していました。
幼稚園
中に日本人?と思われる子供が一人だけいましたが、
一緒に手を繋ぐと、バラバラになるのを防いでいる
電車のつり革のような便利グッズに関心してしまいました。

ほんの少しの時間でしたが、とても楽しいひと時でした。

もう少し時間に余裕があると、もっとたくさん情報が収集できるのにと
後ろ髪引かれるおもいで、向かいの日仏会館に向かいました。

時間工夫して、今度はゆっくり来たいです。