26th APWSS 京都での発表

 

スクリーンショット 2017-09-23 17.46.24

9月の京都は、暑さもひと段落。

観光客も少し控えめな人数で、落ち着いた過ごしやすい雰囲気でした。

久しぶりの京都での宿泊滞在でしたが、

学会での発表が会期の終盤だったため

ずっと緊張しっぱなしで、過ごしていました。

今回の発表は、「ドーパミン」という人も動物も植物たちにもある、生理活性物質についてです。

「過度な緊張やストレス」が長く続くと、人も動物も体調に変化をもたらしますが

適度な緊張やストレスは、逆に脳にプラスの刺激を与えることも分かってきています。

スクリーンショット 2017-09-23 17.50.48

動物のストレスと体調の関係はまだ分からないことが多くあります。

研究では、植物のアレロパシー物質であるL−dopa→Dopamineと

動物の神経症状、皮膚の症状の関係について分かったことの第一報を発表しました。

少しでも、人と動物の健康に役立てるよう、また研究を続けていきたいです。

IMG_1953

発表終わって、かなりホッとしてます。質疑応答での想定外問答はかなり刺激的でした。終わっても手を抜かずに勉強続けます!!

緊張の後のリラックスで、ドーパミン沢山分泌されたかも!!

 

国際学会ということもあり、参加者は海外からの方が沢山いらっしゃいました。

インド、ネパール、タイ、スリランカ、ベトナム、中国、台湾、ヨーロッパ、オーストラリア

など世界各国から研究者が集まりました。学会お弁当もハラル、ベジタリアンの用意もあったことが印象に残りました。

学会のレセプションで、鏡割り

本物の芸妓さん、舞妓さんの舞を堪能することもできました。

IMG_1964

IMG_1976

うっとり綺麗な舞妓さん、芸妓さんに会場からはため息が、、、

 

 

IMG_1971

 

最終日

飛行場へ向かう前に駆け足で立ち寄った小さな小さな神社

IMG_1989

薬祖神祠(やくそじんし)です。

『祭神は大巳貴命(おおなむちのみこと)、小彦名命(すくなひこなのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、神農、ヒポクラテスも祀る。
医療、医薬品事業の繁盛の信仰を集めている。』とあります。

 

神農さまは、農耕と薬の神様で、医薬に携わる人々の信仰を集めています。

二条城の近くで、通り過ぎてしまいそうなひっそりとした佇まいの神祠ですが

お参りするチャンスに恵まれ、心がすっきりとしました。

 

今回の発表が無事終わって、

協力下さった皆さま、

動物たちの存在、

協力してくださるオーナーさま、

病院のスタッフ、

オーラル発表前の英語特訓に付き合ってくださった先生達、

学会運営のスタッフの皆さまに

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

結果を基に、健康に役立つ情報を沢山紹介していきたいです。